コラム│小平市小平駅で歯科・インプラントをお探しの方はグリーンプラザ歯科医院まで

042-341-8148

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00

休診日:水曜、木曜、土曜午後、日曜、祝日
※水曜日は休診ですが、電話予約は受け付けております

コラムColumn

骨量が足りないときのインプラント治療

皆さんこんにちは。

グリーンプラザ歯科医院です。

 

インプラント治療を安全かつ確実に行うためには、顎の骨の状態が良好でなければなりません。

 

骨の量が不足している場合は、インプラント治療が不可となるケースも珍しくないのです。

 

当院では、そうしたケースでも適切な処置を施すことでインプラントが可能となります。

 

今回はそんな骨量が足りないときのインプラント治療についてわかりやすく解説します。

 

骨造成を行う

人工歯根を埋め込む部分の骨量が不足している場合は、骨造成を行うことで対応できます。

 

骨が不足している部位に人工骨や自家骨を移植したり、骨補填材や専用の薬剤を填入して、骨の再生をはかったりします。

 

その結果、人工歯根を埋め込んでも問題ない状態まで、骨を回復させることができるのです。

 

具体的には、GBRソケットリフトサイナスリフトなどの処置を施します。

 

ショートインプラントを選択する

一般的なインプラント(人工歯根)は10mm程度の長さがありますが、ショートインプラントと呼ばれる8mm以下の短いタイプも開発されています。

 

ショートインプラントであれば、顎の骨が薄い場合でもそのまま埋入処置を行うことが可能です。

 

インプラントを傾斜埋入する

人工歯根であるインプラントを垂直ではなく、斜めに埋入することでも、骨不足に対応できます。

 

どんな症例にも適応できるわけではありませんが、ひとつの選択肢として存在しているということを知っておいてください。

 

もちろん、顎の骨の状態によってはインプラント治療そのものが難しい場合もありますので、まずはお気軽に当院までご相談ください。

 

カウンセリングや精密検査を実施した上で、最善といえる治療法をご提案します。

 

まとめ

このように、顎の骨の状態が良好でなくても、前処置を加えることでインプラント治療が可能となる場合もあります。

 

他院で「インプラント治療は無理」と診断された場合でも、当院であれば対応可能かもしれません。